移植方法とプチ豊胸

豊胸手術の中には、別の医療技術を応用した方法で行う美容整形方法があります。それが、脂肪幹細胞移植を応用したとCAL法と呼ばれる手術方法です。この方法の特徴は脂肪幹細胞移植を応用することで、脂肪注入をに比べると移植した脂肪の定着率が高いのが特徴です。自分自身の体内から採取した脂肪から幹細胞を抽出し、残っている脂肪と一緒にバストに移植する方法です。

自分自身の脂肪を利用するため拒絶反応がなく脂肪壊死のリスクが軽減されているのが特徴です。しかし、大量の脂肪が必要になるため痩せ型の人では適用できない手術方法となります。こちらの豊胸手術を採用すれば傷跡を残す心配がない方法となります。

豊胸手術中にはプチ豊胸と呼ばれるヒアルロン酸注入によるバストアップの方法があります。これはバストにヒアルロン酸を注入することでバストアップを行うことができますが、効果が一時的なためヒアルロン酸を効果がなくなった時に再注入ことになります。このヒアルロン酸によるバストアップの効果のある期間ですが、 1年から2年で元のバストに戻ってしまいます。そのためプチ豊胸と呼ばれていますが、一般的な豊胸手術に比べてリスクが少なく切る手術方法でないので傷跡が残らないのが特徴です。