バッグ挿入法

美容整形で行う豊胸手術では、シリコンをバストに埋め込むバッグ挿入法が一般的に知られている手術方法となります。この手術方法の特徴はバストに埋め込むシリコンについていろんな形のシリコンを選択できることです。そのため自分の理想とするバストを上手に形成することができるので、現在でも多く採用されている手術方法となります。

また現在ではシリコンだけでなく生理食塩水パックやジェルタイプの材質を採用することができますが、現在主流となっているのはソフトタイプのシリコン製や生理食塩水を利用した材質です。材質によっては術後破損する心配がある場合や体内に入れた材質が固くなってしまうような問題がある材質があります。そのため豊胸手術を行った後にはマッサージや注意する生活習慣が必要となります。

これらの注意点を守ることで快適な術後の生活を送ることができますが、バッグ挿入法で1番問題となるのは手術をした後の傷跡の問題です。昔に比べて現在は切る長さが短くなったとは言え手術を行うことになるので、必ず傷跡が残ってしまいます。美容整形外科でもできるだけ傷跡の残らないようにまたは傷跡が目立たないように手術を行いますが、どうしても傷跡が残ってしまう手術方法になります。しかし、術後のバストの仕上がりに満足できる手術方法です。