脂肪注入法

豊胸手術の方法で、術後の傷跡を気にされる場合にはバッグ挿入法以外の手術方法を選択することになります。傷跡の残らない手術方法としては脂肪注入法があります。この手術方法の特徴は自分自身の腹部などにある余分な脂肪を利用したバストアップとなります。自分自身の体内から脂肪を吸引してバストに移植する方法となります。

この方法の大きな特徴は、切らない手術です。そのため豊胸手術行う患者の中で、豊胸手術を行った後の傷跡を心配する必要がない手術方法となります。しかし、バッグ挿入法に比べると大きなバストアップを望むことができない豊胸手術となります。そのため極端なバストアップを選択しなければ傷跡が残らない手術方法となります。しかし、今まで行ってきた脂肪注入をでは、石灰化や脂肪壊死の問題や乳がんと誤診される問題が生じます。

現在採用されている脂肪注入法ではコンデスリッチファット法(CRF法)を採用する美容整形外科があります。このCRF法の特徴は、自分自身の脂肪を専用の機器を利用して不純物を除去することで、健全な状態の脂肪だけをバストに移植する方法となります。脂肪壊死などのリスクが軽減される豊胸手術の方法となります。当然この豊胸手術の方法では傷跡を残すリスクがない手術方法です。