移植方法とプチ豊胸

豊胸手術の中には、別の医療技術を応用した方法で行う美容整形方法があります。それが、脂肪幹細胞移植を応用したとCAL法と呼ばれる手術方法です。この方法の特徴は脂肪幹細胞移植を応用することで、脂肪注入をに比べると移植した脂肪の定着率が高いのが特徴です。自分自身の体内から採取した脂肪から幹細胞を抽出し、残っている脂肪と一緒にバストに移植する方法です。

自分自身の脂肪を利用するため拒絶反応がなく脂肪壊死のリスクが軽減されているのが特徴です。しかし、大量の脂肪が必要になるため痩せ型の人では適用できない手術方法となります。こちらの豊胸手術を採用すれば傷跡を残す心配がない方法となります。

豊胸手術中にはプチ豊胸と呼ばれるヒアルロン酸注入によるバストアップの方法があります。これはバストにヒアルロン酸を注入することでバストアップを行うことができますが、効果が一時的なためヒアルロン酸を効果がなくなった時に再注入ことになります。このヒアルロン酸によるバストアップの効果のある期間ですが、 1年から2年で元のバストに戻ってしまいます。そのためプチ豊胸と呼ばれていますが、一般的な豊胸手術に比べてリスクが少なく切る手術方法でないので傷跡が残らないのが特徴です。

脂肪注入法

豊胸手術の方法で、術後の傷跡を気にされる場合にはバッグ挿入法以外の手術方法を選択することになります。傷跡の残らない手術方法としては脂肪注入法があります。この手術方法の特徴は自分自身の腹部などにある余分な脂肪を利用したバストアップとなります。自分自身の体内から脂肪を吸引してバストに移植する方法となります。

この方法の大きな特徴は、切らない手術です。そのため豊胸手術行う患者の中で、豊胸手術を行った後の傷跡を心配する必要がない手術方法となります。しかし、バッグ挿入法に比べると大きなバストアップを望むことができない豊胸手術となります。そのため極端なバストアップを選択しなければ傷跡が残らない手術方法となります。しかし、今まで行ってきた脂肪注入をでは、石灰化や脂肪壊死の問題や乳がんと誤診される問題が生じます。

現在採用されている脂肪注入法ではコンデスリッチファット法(CRF法)を採用する美容整形外科があります。このCRF法の特徴は、自分自身の脂肪を専用の機器を利用して不純物を除去することで、健全な状態の脂肪だけをバストに移植する方法となります。脂肪壊死などのリスクが軽減される豊胸手術の方法となります。当然この豊胸手術の方法では傷跡を残すリスクがない手術方法です。

バッグ挿入法

美容整形で行う豊胸手術では、シリコンをバストに埋め込むバッグ挿入法が一般的に知られている手術方法となります。この手術方法の特徴はバストに埋め込むシリコンについていろんな形のシリコンを選択できることです。そのため自分の理想とするバストを上手に形成することができるので、現在でも多く採用されている手術方法となります。

また現在ではシリコンだけでなく生理食塩水パックやジェルタイプの材質を採用することができますが、現在主流となっているのはソフトタイプのシリコン製や生理食塩水を利用した材質です。材質によっては術後破損する心配がある場合や体内に入れた材質が固くなってしまうような問題がある材質があります。そのため豊胸手術を行った後にはマッサージや注意する生活習慣が必要となります。

これらの注意点を守ることで快適な術後の生活を送ることができますが、バッグ挿入法で1番問題となるのは手術をした後の傷跡の問題です。昔に比べて現在は切る長さが短くなったとは言え手術を行うことになるので、必ず傷跡が残ってしまいます。美容整形外科でもできるだけ傷跡の残らないようにまたは傷跡が目立たないように手術を行いますが、どうしても傷跡が残ってしまう手術方法になります。しかし、術後のバストの仕上がりに満足できる手術方法です。

美容整形の豊胸施術

美容整形手術の中でも、女性が選択するのが豊胸施術です。しかし男性の中にも様々な理由から豊胸施術を選択する人もいますが、圧倒的に女性が行う整形手術に該当します。胸の形や大きさを変えることができる豊胸施術は、海外の人でも行う人がいますが、日本でも美容整形外科で豊胸施術を行う女性が後を絶たない状態です。

きれいで魅力あるバストを手に入れる方法ですが、手術に臨む場合には100%納得して行うことが術後の後悔を行わないためにも必要なことになります。過去には豊胸手術を行うときには、シリコン等を注入してバストを手術する方法が一般的で数多く採用されていましたが、現在ではシリコン等の注入以外にも豊胸手術を行う選択方法があるので、患者が自由に選択することで手術方法が異なることになります。

豊胸手術のデメリットの中に傷跡の心配があります。しかし、豊胸手術では、手術による傷跡を気にする患者さんがいます。そのため体にメスを入れるので傷跡が残る手術となってしまいますが、現在では傷跡の残らない手術方法も採用されているので、患者さんが自分の考えている手術方法を採用して傷跡の残らない豊胸手術を行うことができますが、行う手術によってメリットとデメリットがあります。そのため現在行われている豊胸手術に関しては、手術の跡が残らない豊胸手術がすべて優れているとは限らないことになります。次のページから現在豊胸手術で採用されている手術方法を説明させて頂きます。